詩と旧暦のある暮らしを、毎日に。



おしらせ  品物  お取り扱い店  催し  白井商店について



言祝ぎの春 旧暦のある暮らし

白井商店

旧暦のある暮らし


2018年1月26日(金)〜1月30日(火)
12時〜20時(月は19時まで/最終日は17時まで)
神楽坂 フラスコ


参加作家

角俊弥 (漆木工)

沙羅 (木版画)

白井明大 (木版画)


祝福を贈る、言祝ぎの春をテーマに


・祝福の贈り物に・
「ことほぎノート」(木版画+詩+文箱)を
今回の展覧会のために共同製作し展示販売いたします


イベント

キャンドルトーク 灯/大與

第一夜「季節と暮らす」 1月26日(金) 19時〜

鈴木智子(omoto)×白井明大

『天然生活』の新連載「手しごと歳時記」を記念して。
冒頭に、参加作家によるごあいさつも

参加費/2000円(軽食+1ドリンク付)

ご予約はこちらのこちらのメールに「お名前/人数/イベント名」をお伝えください。


第二夜「見る、思う」 1月27日(土) 18時30分〜

宮本佳世乃(俳人)×白井明大

聞き手/藤井一乃(『現代詩手帖』編集長)

目の前のものことを言葉にする、ただそれだけで
どうして詩歌は生まれるのだろう?

参加費/1500円(1ドリンク付)

ご予約はこちらのこちらのメールに「お名前/人数/イベント名」をお伝えください。


五穀のごはん会 「未来へタネをまく」 1月28日(日) 17時30分〜

料理/大城千春

話/角俊弥 ほか

穀物のタネは、いのちのタネ。
おいしいごはんを囲んで座談会も。

参加費/4500円(お食事+1ドリンク付・要予約)

ご予約はこちらのこちらのメールに「お名前/人数/イベント名」をお伝えください。


そのほか、お問い合わせなどは白井商店あてにご連絡ください