詩と旧暦のある暮らしを、毎日に。



おしらせ  品物  お取り扱い店  催し  白井商店について



白井商店について


白井商店は、詩人白井明大と写真家當麻妙によるものづくりのユニットです。

沖縄に居を移して、島の暮らしのなかで感じることを
あれこれ試行錯誤しながらも、かたちにする活動をしています。

初めてのおきなわ本『島の風は、季節の名前。旧暦と暮らす沖縄』
(文・白井明大 写真・當麻妙 講談社刊)を2016年9月末に出版。


白井商店メールアドレス:
nanashi◎mumeisyousetu.com(◎を@にかえてお送りください)


アカギの大木


2017年1月開催予定 白井明大の詩と旧暦のある暮らし (フラスコ/神楽坂)
2011年より毎年1月に開催 旧暦のある暮らし展 (フラスコ/神楽坂)
2011 mother dictionary 春の会 (ディクショナリー倶楽部/渋谷)
2010 川口手しごと市 (senkiya/川口)
   美篶堂まつり2010 (湯島聖堂斯文会館/お茶の水)
   TOKYOポエケット (江戸東京博物館/両国)
   mother dictionary (ディクショナリー倶楽部/渋谷)
2009 旧暦のある暮らし展 (アルマスギャラリー/門前仲町)


白井明大 しらい・あけひろ
詩人。1970年生まれ。
詩集に『心を縫う』(詩学社、2004年)『くさまくら』(花神社、2007年)
『歌』(思潮社、2010年)『島ぬ恋』(私家版、2012年)
『生きようと生きるほうへ』(思潮社、2015年、第25回丸山豊記念現代詩賞)
インディーズ童話集「カワウソのお茶」(しろくろこぐま座、2012年)
他の著書に『暮らしのならわし十二か月』(絵・有賀一広 飛鳥新社)
『季節を知らせる花』(絵・沙羅 山川出版社)『七十二候の見つけかた』(飛鳥新社)
『旬を楽しむ 日めくり七十二候』(絵・川原真由美 文春文庫)
『えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる』(絵・くぼあやこ 講談社)
2012年に出版した『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らし-』(絵・有賀一広 東邦出版)が
30万部を超えるベストセラーに。
HP 無名小説


當麻妙 とうま・たえ
写真家。1977年東京生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、
写真誌編集プロダクションを経て、2003年よりフリーの写真家として活動。
写真集に『Tamagawa』(私家版、2003年)
『GR DIGITAL BOX』(東京キララ社、2006年)
『GR SNAPS II』(ぴあ、2010年)
写真展に「Cornershop」(コニカプラザ 1999年)
「Tamagawa」(新宿ニコンプラザ 2003年)
「KUDAKA」(KIYOKO SAKATA studio 2014年)
HP Toma Tae Photography


・『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らし-』
(絵・有賀一広 東邦出版)を刊行しました。

日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らし-


・『GR SNAPS II』(ぴあ)に當麻が作品掲載しています。

GR SNAPS II